料理風景

いつもと違う食べ方

花の写真 基本的には同じ料理であっても、その土地によってまったく違ったものとなってしまっていることがあります。人は無意識のうちにその土地の風土や文化に合った形のものへと変化させてしまいます。ですので、ベースは同じ料理であり、同じ名前を名乗っていても場所によって違ったものが出てくることも決して珍しいことではないといえるでしょう。

ご当地ラーメン

 土地によって変化するものの代表といえば、ラーメンでしょう。ベースとなるのは中華料理のラーメンですが、まず日本に入ってきた時点で、醤油をベースとしたまったく違った料理に姿を変えてしまいました。そしてそれが全国に広がって行く中で、それぞれの土地ならではのアレンジが加わりさらなる変化をしています。今や全国的にも有名になりましたが、九州のラーメンは他の地域のものと味も見た目も全く異なっています。伝統的な日本のラーメンは鶏ガラベースの醤油味となっていますが、九州では豚骨スープににんにく風味が一般的なものとなっています。このように、その土地によって食べ物の見た目や味は全く違ったものに変化してしまいます。
ご当地ラーメン一覧

奇妙な食べ物に?

 お好み焼きのルーツは諸説ありますが、大阪と広島ではまったく異なったものとなっています。どちらも人気が高くおいしいものですが、大阪人が広島風お好み焼きを見ると、とても奇妙な食べ物に見えてしまうこともあります。当然、その逆でも同じことがいえます。一般的には決しておかしな食べ方ではなくても、普段と違った食べ方をしているだけで奇妙に見えてしまうことがあります。

 奇妙な食べ物とはいったい何なのでしょう?これはその土地によって食文化が異なる以上はどうしても生まれてしまう感覚です。私たち日本人が当たり前に食べているものであっても、海外のまったく違う文化を持っている人からみれば奇妙な食べ物に見えてしまうことだってあるでしょう。これらをお互いに受け入れ合うことができれば、食による文化の交流を楽しみこともできるかもしれません。