料理風景

変わった食材を食べてみる

花の写真 最近、ちょっと変わったグルメが流行しています。これまでは食べ物として認識されていなかった生き物をさまざまな形で料理されています。大量に増えてしまった害獣なども上手に料理することでおいしい食材に変え、無駄をなくそうという考えも広まっています。先入観を捨てれば意外においしく食べることのできるものは多く存在しています。ここではそんな食べ物をご紹介しましょう。

ブラックバスも食べられる?

 ゲームフィッシングのターゲットとして高い人気を集めているブラックバスですが、繁殖力が高く、生態系を破壊してしまうことから、駆除をする動きも始まっています。このブラックバスはあまり食用となるイメージはありません。しかし、元々は食用として輸入されたものですのでしっかりと料理すればおいしく食べることができます。ブラックバスはその凶暴そうに見える見た目とは裏腹に、白身で淡泊な味の魚です。淡水魚ですので、環境によってはくさみがありますが、フライやてんぷらなどにすることによっておいしく食べることができてしまいます。特に琵琶湖ではブラックバスの大繁殖が問題になっているため、駆除が開始されています。そして、その周辺では捕まえられたバスを使った料理を提供する飲食店も増えています。食べられないというイメージを捨てて食べてみると、普通の白身魚のフライやてんぷらとしておいしく食べることができます。一度挑戦してみてはいかがでしょう?
◆参考サイト:ブラックバス料理研究所 ゴムボート釣り部

エチゼンクラゲ料理

 近年、日本近海で大量発生したことで問題になっているエチゼンクラゲですが、このエチゼンクラゲも食用にすることができます。基本的に味はあまりありませんが、食感は良いためさまざまな料理に利用されています。くらげの場合、ほとんどが水分ですので大きさの割に可食部は少ないですが、酢の物といったシンプルな料理から、生クリームなどと組み合わせてちょっと変わった食感のスイーツも作られています。クラゲというとなんだか気持ち悪いイメージを持っている人も多いかと思いますが、視点を変えてみるとおいしく食べることができてしまいます。
◆参考サイト:大型クラゲ加工マニュアル

 イメージを捨ててみると、意外においしく食べることのできるものは多く存在しています。一度挑戦してみると楽しめるグルメの幅も広がるのではないでしょうか。