料理風景

世界のスープ

花の写真  スープは食卓になくてはならない存在の一つと言えるでしょう。メインの料理をより一層美味しくいただく為にもスープは欠かすことができません。具沢山でメインにも成りうるスープもあり、世界各国にさまざまな種類が存在しています。

トムヤムクンについて

 トムヤムクンは、タイ料理の一種で、酸味と辛味が混ざり合った独特な味わいのスープです。世界三大スープとしても知られているトムヤムクンですが、トムは煮る、ヤムは混ぜる、クンはエビのことを表します。エビ以外にもさまざまな食材が用いられますが、イカを用いた場合はトムヤムプラームック、魚肉を用いた場合はトムヤムプラー、鶏肉を用いた場合はトムヤムガイなどと呼び方が変わります。

食品メーカーからトムヤムクンスープの素が売られているので、トムヤムクンはご自宅でも気軽に楽しむことができるスープの一種です。

ブイヤベースについて

 ブイヤベースは、南フランスのプロヴァンス地方を代表する海鮮料理の一種です。地元の漁師が商品にならないような魚介類を食べる為に大きな鍋で塩ゆでするだけの料理でしたが、17世紀に入ってトマトが伝来するとともに食材として用いたことから料理法が発展していきました。19世紀にマルセイユが観光地として賑わいだしてから、多くのレストランにメニューとして取り入れられるようになり現在に至ります。

ボルシチについて

 ボルシチは、ウクライナ地方の伝統的な料理です。世界三大スープとしても知られているボルシチは、さまざまな食材で作られますが、サワークリームを混ぜることとボルシチの特徴でもある深紅色の元となるテーブルビートを用いるところは共通と言えます。 温かいものが基本ではありますが、夏は冷製スープとしていただく場合もあります。

フカヒレスープについて

 フカヒレスープは、中華料理を代表するスープで、大型のサメのひれを乾燥させたものを用いたスープです。

ミネストローネについて

 ミネストローネとは、イタリアの野菜スープのことです。ミネストローネと言えばトマト味がイメージされますが、本場イタリアでは季節によって用いられる野菜が異なることもあって、レシピに決まりはありません。その為トマトが入っていなくてもミネストローネと言われることもあります。また、パスタや米を入れる場合もあり、さまざまな食べ方があるのも特徴です。

クラムチャウダーについて

 クラムチャウダーは、アメリカのニューイングランドが発祥地のスープです。牛乳をベースにした白いクリームスープはニューイングランド風で、赤いトマトスープはマンハッタン風と言われています。レストランのメニューとしてもよく見かけますが、簡単に作れることもあって、自宅でも気軽に楽しむことができます。

缶に入ったものから粉末状のものまで売られていて、日本の中でも身近なスープとして取り入れられていると言えるでしょう。アメリカでは二枚貝のホンビノスガイが用いられますが日本ではアサリやハマグリを用いて作られることが多いです。

これらのスープは日本でも多くの人に支持されているスープで、自宅で気軽に取り入れられているスープもあります。野菜や魚介類を摂取するうえでのバリエーションとしても便利なスープは、世界中の人に支持されているメニューの一つです。