料理風景

世界一苦い飴・サルミアッキ

花の写真 ヨーロッパの奇妙なグルメをご紹介する上で、シュールストレミングと並ぶメジャーなものといえば、フィンランドのサルミアッキです。 これも、テレビや雑誌などでも「世界一苦い飴」あるいは「世界一不味い飴」として紹介されることが多いためご存じの方もいらっしゃるでしょう。 このサルミアッキですが、輸入雑貨を取り扱っているお店や通信販売などで簡単に入手することができます。機会があれば挑戦してみてはいかがでしょう?

サルミアッキとは?

 フィンランドを代表するお菓子の一つで、その特徴は真っ黒な見た目と強烈な苦みです。サイズはタブレットを少し大きくした程度の小粒なものです。 一般的には小箱に入った状態で売られています。さまざまなメーカーが販売していますので、パッケージのデザインはさまざまですが、もっとも有名なのは白と黒の市松模様のものでしょう。

サルミアッキを食べてみよう

 見た目は小粒で、色がまっ黒なことを除けばごく普通の飴にしか見えません。特に刺激臭がするわけでもなく、抵抗なく食べることができるのではないでしょうか。 口に入れて、最初に受ける印象は「ゴムのような味」です。色が黒いこともあり、タイヤのゴムを食べているような気分になってしまいます。 しばらく舐めていると慣れるだろうと思い、そのままなめ続けていると、今度は舌に強烈な刺激が襲ってきます。 よく、苦いと表現されるのはこの刺激でしょう。私の場合は苦いというよりも、痛みを感じました。

サルミアッキのバリエーション

 サルミアッキにはさまざまなバリエーションが存在します。ガムやチョコレート、そしてスナック菓子から、お酒まであるようです。 これらは日本では入手が難しいため、自分で作ることができそうな、お酒に挑戦してみました。 作り方は簡単です。サルミアッキを細かく砕いてウイスキーなどの度の高いお酒(現地ではウォッカが主流)に混ぜ込むだけです。 アルコールの刺激にサルミアッキの刺激がミックスされて、強烈なお酒になってしまいます。ですが、単体で食べるよりこちらの方が私は好きです。刺激になれてくると、よりコクが出て来ているような気さえしました。お酒が好きな方はまずサルミアッキ酒から挑戦してみましょう。