料理風景

視野を広げてグルメを楽しむ

花の写真 多くの食材や料理には一般的な食べ方が存在しています。しかし、ちょっとこれに変化をつけることによってまったく違った味を楽しむことができるようになります。あまり一般的でない食べ方の場合は、ちょっと違和感を感じてしまうかもしれません。ときには奇妙な目で見られてしまうかもしれませんが、一度「常識」を捨てて新しい食べ方に挑戦してみてはいかがでしょう?すると視野が広がって、もっとグルメを楽しむことができるようになるかもしれません。

同じお米でもさまざまな食べ方がある

 お米は、水を使って炊くのが一般的な食べ方です。しかし、炊いた米にさらに水を加えておかゆや雑炊にして食べることもあります。また、さまざまな具材と一緒に炊くことによって炊き込みごはんという料理にもなります。さらに熱を加えて炒めればチャーハンになりますし、お茶をかければお茶漬けにもなります。このように一つの食材であっても食べ方によってさまざまな形に変化します。こういった食べ方は現在では一般的になっていますので、奇妙な食べ物であると認識されることはほとんどありません。しかし、変わった食べ方であることには変わりありません。極端な例を挙げれば、炊いたご飯を固めて、牛乳と卵、砂糖を混ぜたものに付け込んでフレンチトーストのように焼いても食べることはできますし、人によってはこのような食べ方を好むこともあります。しかし、一般に知られていない方法であるために周囲の人からは奇妙な食べ物、食べ方であると認識されてしまうでしょう。

すべては視点で決まる

 このように、視点が変わるだけで奇妙な食べ方や、奇妙な食べ物であると認識されてしまうことがあります。たとえば、前述のフレンチトースト風のごはんも、「フランスの伝統的な料理」といった説明を受ければ、奇妙な料理とは感じなくなってしまうかもしれません。視点だけで食べ物に関する印象や評価は大きく変わってきます。  こう考えると、食べ物に関する評価はとても曖昧なものであると気づくことができるでしょう。イメージによって食べ物から受ける印象は大きく変わってきます。もっと視野を広げることができれば、より多くのグルメを楽しむことができるようになるでしょう。