料理風景

クッキーとビスケットとサブレは何が違う?!そっくりな食べ物の秘密

花の写真  普段、何気なく食べているクッキーと、ビスケットと、サブレ。どれも甘くて美味しい焼き菓子ですが……一体どこが違うのでしょうか? 今回は、クッキー・ビスケット・サブレの違いをご紹介します。これを覚えておけば、あなたもちょっとした食の雑学王になれるかもしれません。

クッキー・ビスケット・サブレは何が違う?

 そのそも、クッキー・ビスケット・サブレはそれぞれが違う国で発祥した焼き菓子です。つまり、見た目も材料も味わいもほとんど似ているように感じられますが、そもそも別々のところで生まれたものなのですね。クッキーは、アメリカのお菓子です。ビスケットは、イギリスのお菓子です。サブレは、フランスのお菓子です。

それでは、日本で作られているクッキー・ビスケット・サブレがどのように違うかといえば、まず糖分と脂肪分の割合や、原材料の微妙な違いによって判断されるそうです。クッキーは、糖分と脂肪分が全体の40%以上のもの。ビスケットは、糖分と脂肪分が全体の40%未満のもの。サブレは、ベーキングパウダーが入っていないもの。このように分けられていますが、食べる側としてはほとんど変わりないと感じるかもしれませんね。

ペヤング焼きそばとペヨング焼きそばは何が違う?

 インスタント焼きそばの中でも有名な「ペヤング」というブランド。誰もが知っているペヤングですが、これと見た目も中身もそっくりな「ペヨング」という焼きそばがあるのをご存じでしょうか。白いパッケージ、青・黄・赤・緑のシンプルな印刷が印象的なペヤング焼きそばと、まるでそっくりのペヨング焼きそば。「もしかして、これってパクり?!」と驚く方もいるかもしれませんね。

実は、このペヨング焼きそばは、ペヤング焼きそばを製造しているまるか食品株式会社が、ペヤングの廉価版として作ったものだそうです。同じ会社で作っているから、こんなにそっくりだったのですね! ちなみに、ペヨング焼きそばはペヤング焼きそばよりも50円前後安くなっています。麺の量やソースの味にも違いがあるそうですから、舌に自信のある方は食べ比べをしてみてはいかがでしょうか。

からあげと竜田揚げは何が違う?

 子どもから大人まで、はたまた"お弁当のおかず"から"おつまみ"まで、世代を超えて幅広い人気を集めるからあげ。しかし、同じように鶏肉を揚げる料理である竜田揚げとは、どこが違うのでしょうか?

からあげと竜田揚げの違いは、調理をするときの下味のつけ方にありました。醤油とみりんを使ってしっかりと下味をつけ、片栗粉をまぶしたものが、竜田揚げです。それに対して、下味を軽くつけるのみで、片栗粉をまぶして揚げたら、からあげになります。たしかに、からあげがさっぱりした塩味なのに対して、竜田揚げの方がしっかりと味が染み込んでいるような気がしますよね。とはいえ、こうした下味の違いは、食べる人にとってそれほど明白な違いではないかもしれません。

今回は、クッキー・ビスケット・サブレの違いを始めとした、そっくりな食べ物の秘密をお伝えしました。似ているけれど名前が違う食べ物は、意外にもたくさんあるのです。ここで覚えた知識を話のタネにして、身の周りの人の頭の中もスッキリさせてあげましょう。