料理風景

カフェ料理に必須のアボカドはどこで育った?

花の写真  「アボカド×サーモン」といえば、今やカフェ料理の定番の組み合わせです。柔らかくてクリーミーな味わいが人気のアボカドは、多くの女子から人気を集めています。しかし、このアボカドはもともとどこの国の食べ物なのでしょうか? 多くの人から愛される食材ながら、その出所はよく知られていません。そこで今回は、アボカドの食文化に迫ります。日本でも人気のアボカドの豆知識を身につけて、少しだけ物知りになりましょう!

アボカドはどこの国の食材?

 アボカドは、熱帯夜亜熱帯で生育する、暖かい国の植物です。原産地は、メキシコと中央アメリカとなっています。私たちが知っているあのアボカドの実は、アボカドの木になる果実ですね。自然界に生息するアボカドの木の高さは30m前後ですが、果樹園のものでは、10m前後となっています。私たちがよくスーパーマーケットなどで目にするのは、「ハス種」というアボカドで、熟すと皮が黒ずんでくるのが特徴です。

いつから人間の食べ物になったの?

 アボカドがいつから人間に食べられるようになったのかは、定かではありません。しかし、ペルーの遺跡から出土した、西暦900年ごろの土器には、アボカドをかたどったものがあったそうです。当時、すでに食用となっていたのかもしれませんね。どちらにせよ、中南米では数百年にわたって栽培されてきたと言われており、ヨーロッパからの侵略者がアメリカにやって来た時には、すでにアボカドは栽培されていました。

アボカドはどんな料理に使われる?

 現代の日本では、サラダやカフェ料理に使われることの多いアボカドですが、他の国ではどのように使われているのでしょうか? まず、アボカド発祥の地であるメキシコでは、トルティーヤでディップして食べられる「ワカモーレ」がよく知られています。他にも、料理のソースとして利用されるなど、さまざまなシーンで活躍しているようです。

また、現在ではアボカド生産地のひとつとなったニュージーランドでは、トーストに塗ったり、アイスクリームに加工したり、サーモンと合わせたりするそうです。日本では、ワサビ醤油につけて食べたり、カリフォルニアロールに入れたりするのが人気ですね。さまざまな国の食べ方を参考に、アボカドの色んな表情をお楽しみください。

亜鉛の含有量が多い食材

 アボカドと言えば、“精のつく食べ物”で有名ですね。男性機能に必要な亜鉛の含有量が多い食品としても、よく知られています。最近ではカフェ料理でも人気ですから、どちらかというと女性向けのイメージがある食材かもしれません。しかし、栄養の面で考えれば、ぜひ男性にも食べていただきたい素材です。夜の下半身の調子が気になる方は、ぜひアボカドを毎日の食卓に取り入れてみてください。自然のパワーでも症状が改善しないのであれば、信頼できる医師に、ED治療薬のバイアグラを処方してもらってもいいでしょう。近頃は、お求めやすいお値段の、ジェネリック版バイアグラも販売されているそうです。お薬が苦手な方でも服用しやすくなっていますから、ぜひご利用ください。

今回は、人気の素材アボカドの食文化についてお伝えしました。これからますますポピュラーになってゆくアボカドを、日々の料理にぜひ取り入れてみてください。