料理風景

世界のクレープ

花の写真  クレープは、家庭やお店でも食べられますし、屋台などでも見かけるとても身近な食べ物です。フランスが発祥ではありますが、日本では独自の薄い生地で持ち運びができるクレープを生み出し、海外でも逆輸入されるなど人気を博しています。

デザート系のクレープと食事系のクレープがあり、その時の状況に合わせて選ぶことが可能です。トッピングもさまざまで、種類が豊富なところがクレープの魅力だと言えるでしょう。年齢を問わず人気の高いクレープは、世界中で愛される食べ物の一つと言うことができます。

クレープについて

 クレープとは、フランス北西部のブルターニュが発祥で、パンケーキのガレットが元になって作られた料理です。さまざまな食材を包んで巻いたり折ったりして食べるのが一般的ですが、バターや砂糖だけを巻いたシンプルなクレープもあり、さまざまです。包む食材としましては、生クリームやフルーツ、ジャムやアイスクリームなどのデザート系とチーズやハム、野菜といった軽食系があります。デザート系はクレープ・シュクレ、軽食系はクレープ・サレと言われています。

日本でよく見られる生クリームやフルーツなどを包んだクレープは、フランス発祥ではなくて日本の原宿発祥と言われています。発売当初はなかなか受け入れられませんでしたが、雑誌などで取り上げられたこともあって人気が定着したクレープは、さまざまな種類があり多くの人から支持されている食べ物です。

ガレットについて

 ガレットはフランス北西部の郷土料理です。ガレットと言えば、主にそば粉のガレットのことを指している場合が多く、クレープの元とも言われている料理です。フランス北西部のブルターニュは土壌が小麦の育成に適していなくて、多くの労働者や農民はそば粉のガレットを主食としていました。古くからの伝統的なガレットは食事に適した塩味でしたが、現在は多種多様です。クレープのように両面焼くのではなくて片面だけを焼いて、ハムやチーズ、卵やサラダなどとともに正方形に折りたたんで完成となります。

ミルクレープについて

 ミルクレープは、フランス語の千枚のクレープという意味で、ケーキの一種です。日本ではドトールコーヒーのミルクレープが話題となり、人気が高まったと言えます。

クレープシュゼットについて

 クレープシュゼットはフランスのお菓子で、熱いカラメルソースをかけたクレープをベースに、すりおろしたオレンジの皮やオレンジジュース、グラン・マルニエから作られる料理です。

パラチンタについて

 パラチンタとは、クレープ状のパンケーキのことです。元々はジャムを挟んで食べていましたが、子牛肉やハムを挟んで主菜になったり、重ねたパラチンタを切り分けて食べたりと、さまざまな食べ方があります。後にハンガリー帝国の宮廷料理になってからは、とても洗練された料理として人々の支持を得るようになりました。

今ではクレープの本場フランスにも逆輸入されている日本のクレープは、一定の人気を博しています。本場フランスのクレープは生地が厚く、日本のように外で食べながら歩くというよりも家庭やレストランで食べるのが基本のスタイルと言えます。デザートに特化して持ち運びが可能な日本のクレープは、海外でも注目され広がりを見せてきていると言えるでしょう。