料理風景

世界のチョコレートスイーツ

花の写真  世界のスイーツを語る上で欠かせない存在がチョコレートです。チョコレートは世界中の人から愛される存在で、1970年代、バレンタインデーが定着してきたことをきっかけに2月14日はチョコレートの日として定められました。また、1875年に発売されたイースター・エッグが定着したことから、イースター・エッグはイースターに欠かせないものとなりました。このように、世界中でイベントにも欠かせない存在となっているチョコレートは、日常生活に欠かせない存在だと言えるでしょう。

チョコレートの効能

 チョコレートは健康や美容の為にも有効です。2012年にアメリカで発表された「チョコレートをよく食べる人はBMI値が低い」という研究結果からもわかるように、チョコレートにはポリフェノールの一種、カカオ・ポリフェノールが含まれていることから、健康にいいと言えます。

このポリフェノールは血液をサラサラにして血行を促進することから、勃起不全にも有効であることでも知られています。また、チョコレートに含まれるその他成分のビタミンやタンパク質、亜鉛などのミネラルは勃起不全の治療の際に使われる成分でもあることから、チョコレートの以外な効能に注目が集まるようになりました。もしも下半身に衰えを感じるようなことがあれば、チョコレートを摂取することは気軽に行えることなので取り入れてみてください。

もちろん、まずは専門医を受診して治療薬のバイアグラを処方してもらうことも大切です。効果は間違いありませんから安心です。費用が気になる方も、ジェネリックの治療薬ならお求めやすいかと思いますのでおススメします。

世界のチョコレートスイーツ

 世界には数多くのチョコレートスイーツが存在しますので、その一部をご紹介します。

●フォンダン・オ・ショコラ
フランスのパリ発祥のフォンダン・オ・ショコラは、中からトロリとチョコレートが流れ出てくるのが特徴です。

●ザッハトルテ
オーストリアのウィーン発祥のザッハトルテは、チョコレートスイーツの代表とも言えるでしょう。自宅でも気軽に作ることができる、日本でも身近なスイーツです。

●ブラウニー
アメリカ発祥のブラウニーは、アメリカの家庭で作られるケーキで、それぞれの家庭によってレシピが異なりケーキとクッキーの間とも言える食感が特徴のスイーツです。

●トルタ・カプレーゼ
イタリアのカブリ島発祥のトルタ・カプレーゼは、カブリ島産のクルミをふんだんに使用したチョコレートケーキのことです。独特なさっくりとした食感が魅力で、クルミの代わりとしてアーモンドが用いられる場合もあります。

●ブリガデイロ
ブラジル発祥のブリガデイロは、コンデンスミルクやバター、ココアパウダーなどを使用して作る、とても甘いチョコレート菓子です。

チョコレートは、板チョコをそのまま食べても美味しいですし、チョコレートケーキやチョコレートクッキーといった製菓の材料としても欠かすことはできません。また、鍋で溶かしたチョコレートに果物やマシュマロなどをつけて食べるチョコレートフォンデュや、チョコレートファウンテンといった溶けたチョコレートが噴水状に循環するタイプのものもあります。主役にも脇役にもなることができるチョコレートは、世界中の人から支持されているスイーツのひとつです。